まずはお話をうかがいます
当事務所の強みは、「町弁(町の弁護士)」として地域に根ざし、幅広い相談に対応できること。
弁護士 多賀光明

多賀は、これまで司法書士、土地家屋調査士、行政書士、社会保険労務士としての業務にも従事してきました。
不動産取引に関する業務では、宅建主任者としての知識も生かしました。
行政書士や社労士の領域においては、中小企業の許認可や保険適用の相談にも乗ってきました。
これらの経験を生かして、弁護士として公的な紛争処理手続につないでいくことができることが強みです。

弁護士 梶谷祐介

梶谷は主に民事事件に幅広く取り組んでおります。特に、消費者問題委員会に所属し、悪徳商法など消費者をめぐる問題を研究したり、特許や著作権などにも興味を持ち知的財産をめぐる問題にも対処しております。
今後もお客様の幅広いニーズにお応えできるように日々研鑽していきます。
地域のソフトボールチームに参加するなど、法律以外でも幅広い活動を行っています。

二人の知識、経験を合わせて、相当幅広い領域で相談に乗り、問題解決の方法を示すことができます。
事案の内容を的確につかみ、自らが処理する問題と他の専門家、弁護士に依頼する問題を振り分けていくことができます。
これが当事務所のセールスポイントです。

トピックス

RSS