幅広い領域で相談に乗り、解決の方法を提示します

会館維持協力金訴訟総括

 会館維持協力金訴訟で負けて,酢を飲んだような気分で過ごしていたころのことである。「敗訴者が何を言っても虚しい」という気持ちでいるときに,週刊法律新聞社が「論壇」にこの訴訟について書いてみないか,との声をかけてくれた。「思い出したくもない」という気分ではあったが,しかし,単なる私憤でおこした訴訟でもない。けじめをつける意味もある。そして,一部ではあろうが,強制加入団体のあり方を問う訴訟として注目してくれていた人もいる。何のメッセージも発信しないのは無責任の誹りを免れないようにも思ったので,いささか長すぎる文章を書いた。

 既に敗訴から4か月経過した。週刊法律新聞5月27日号の論壇に掲載された「最高裁判決にみる会館維持協力金訴訟」の原稿をアップロードする。これをもって本訴訟の私の総括としたい。暇と興味のある人に読んでいただければ幸いである。会館維持協力金訴訟と最高裁判決.doc